公開履歴
頭を抱えている男性

早漏の症状を改善するための方法はいくつか挙げられますが、中でも効果が高く手っ取り早いとされているのが専門の治療薬を用いる方法です。
品質が高い薬を使うことで安心感も高くなりますし、より早い段階でその効果を実感していくことが出来ます。
多少の危険性や注意点は存在するものの、症状を早く改善していきたいという人は参考にしていくべきです。
まずはその治療薬の詳細、特徴について知っていくことからはじめて行きましょう。

早漏の治す方法は治療薬を使うのが手っ取り早い

早漏の症状を解消するためには専用の治療薬を用いるのが最も手っ取り早い方法です。
そもそも、早漏を解消するためにサプリメントを使用したり、トレーニングをしたりといくつか方法は挙げられます。
ですが、これらの方法はすべて確実というわけではなく、あくまで気休め程度であることを押さえておくべきです。
ものによっては長期間その方法を試してみても十分な効果がえられないという事も十分に考えられます。

その点、専門の治療薬を用いる方法であればより的確にその症状を緩和する成分が配合されているため、高い効果を実感していくことが出来ます。
治療薬を服用したからと言って絶対に早漏が治ると断言できるわけではありませんが、素人が簡単に手に入れることが出来るサプリメントに比べてその品質が高いということは断言できます。

治療薬に含まれる成分の品質が高いということは、その分安全性も確保されていますし、体への負担も最小限に抑えることが可能です。
早漏の効果的な治し方を試していきたいという人はまず、こうした治療薬を用いる方法を取り入れていくのがおすすめです。

では、具体的に、こうした治療薬はどうやってその症状を改善していくことができるのでしょうか。
治療薬にはいくつかの種類がありますが、なかでも代表的なものであれば、患部に直接薬剤をぬっていく外用薬、そして直接錠剤を服用する内服薬とが挙げられます。
外用薬であれば、患部に直接成分を浸透させることで全体に麻酔をかけた状態にしていくことができます。
これによって外的刺激にも鈍くなっていき、結果的に早漏の症状を改善していくことが出来ます。

内服薬の場合、勃起力を高めるための成分が多く含まれているため、服用後数十分から数時間で体内の血行が促進されていきます。
それによって勃起時に性器周辺に入り込む血液量が増加していくため、より長い時間勃起状態をキープすることができるというわけです。
有効成分によってより的確に体の機能を高めることが出来る、早漏の治し方としてはより適した方法だといえます。

早漏の症状は男性自身のコンプレックスとなるだけでなく、セックスの際にパートナーにも悪影響がでてきてしまうこともあります。
こうした事態を避けるためにも早め早めに治療薬を活用していきましょう。

早漏治療薬はどのような成分が身体に作用している?

早漏治療薬には具体的にどのような成分が配合されているのでしょうか。
先にも挙げたように、代表的な治療薬には射精のタイミングを遅らせる効果があります。
この治療薬にはいくつかの有効成分が含まれていますが、なかでも注目されているのがダポキセチンです。
ダポキセチンは元々抗うつ剤として用いられていた成分で、同じく抗うつ剤であるSSRIという成分と同じ働きをします。
セロトニン増加シナプスに働きかけをして、脳内の興奮状態を抑える作用もあります。

通常、早漏の人は外的刺激に敏感で、ちょっとした刺激で射精が促されていきます。
実はこの時、脳内ではセロトニンとは別のアドレナリンが分泌されているわけですが、このアドレナリンが体の興奮状態をさらに助長させ射精を促していることもあります。
つまり、セロトニンの分泌を促し、同時にアドレナリンの分泌を抑えることによって自然と体は興奮状態を鎮めることができるというわけです。

ダポキセチンはこのセロトニン分泌をダイレクトに刺激することができるため、体をよりリラックスした状態にしていくことが出来ます。
射精を促すためにリラックスしてしまえば意味がないのではと思われる人もいるかもしれませんが、早漏の人にとってはこの程度のリラックス状態が逆に効果的です。
興奮状態が過剰になることで射精が促されるというのであれば、最初から治療薬によってその対処を徹底していくといいでしょう。

また、外用薬タイプの治療薬の場合にはリドカリンという麻酔成分が配合されています。
このリドカリンは手術の際に使用する麻酔としても知られているもので、患部の感覚を鈍くすることで外的刺激による反応を最小限に抑えることが出来ます。
ちょっとの刺激でも射精が促されてしまうというのであれば、その刺激による快感を最小限に抑えていけばいいということです。

治療薬を用いる際にはこうした内容成分やその効果についてしっかり押さえておくようにするといいでしょう。
そして、必要に応じて自分には内服薬と外用薬、どちらのタイプが向いているのかを判断していきます。
どちらの薬を使用したとしても、品質が高い分一定の効果を実感していくことが出来ます。
最終的な判断は好みや体質によってかわってくることもあるので、この点はしっかり押さえておくといいでしょう。

早漏治療薬服用による危険性はある?

内容成分の品質が高く、安全性もある程度確保されているという早漏治療薬ですが、時に危険性が懸念されるケースもあります。
内服薬の場合、ダポキセチンによってホルモン分泌のバランスが一時的に変化します。
その影響でめまいや下痢、吐き気やしびれなどの副作用があらわれることもあります。
もちろん、すべての人にこうした副作用があらわれるというわけではありませんが、効果が強ければ強いだけ危険性が伴うということは覚えておくに越したことはりません。

外用薬の場合、実際に手術でも用いられることが多い麻酔なので、副作用はほとんど起こらないとされています。
ただ、中には重篤な副作用を引き起こすケースもあるため時に注意が必要です。
ここで挙げられる重篤な副作用はリドカインショックとも呼ばれていて、リドカインを使ったときに現れる全身の痙攣、呼吸困難などの症状をともないます。
もちろん、これはごく稀なケースではありますが、人によっては命の危険も伴う非常に作用の強い麻酔だということも覚えておくようにしましょう。

ここで挙げたように、早漏治療薬はその効果が高く、手っ取り早く症状改善がはかれる分、何かとリスクを伴うようになります。
軽度のものであればあまり気にすることもありませんが、重篤な症状が現れた時にはできるだけ早く医療機関を受診して対処していくようにしましょう。
そして、あらかじめこうした危険性が伴うのだと知識を身に着けておくこと、たったこれだけのことでも急な症状にも冷静に対処していくことができます。

はじめて早漏を改善するための治療薬を服用するという場合にはここで挙げた危険性を考慮して、医師の正しい指導の下、正しい用法用量で薬を服用していきましょう。
すでに服用を何度も続けているという人であれば問題はありませんが、全くの素人判断でこうした治療薬を用いると何かしらの症状があらわれたときにすぐに対応することができません。
それこそ自己責任で症状があらわれて何かしらの不都合が起こってもすべて自業自得となってしまうわけです。
安全性を重視するのであれば猶の事、最初のうちは医療機関で医師の指導の下、薬の服用、活用を進めていくようにしましょう。
得られる効果が高い分、早漏治療薬を使用する際にはこうした注意点を押さえておくことが大切になっていきます。

記事一覧
早漏の定義とは何か考えてみた 2020年05月30日

男性の悩みの代表的なものとして挙げられるのは早漏です。しかし、早漏の条件をしっかりと知っている人は少ないのではないでしょうか。今回はその早漏の定義についてみていきます。実は、早漏の定義は明確に一つに絞ることができません。ですが、いくつかの視点から見ていくことは可能です。まずは時間からです。時間は膣内...

早漏治療薬のポゼットはジェネリックなので安価 2020年05月27日

男性の性の悩みでは射精をうまくコントロールできないということがあげられます。特に早漏は本人の意志に反して射精が早く終わってしまう症状で、女性側も満足を得られないなどの問題も出てきます。早漏になる原因は大きく分けて二つあり、そのひとつが過敏性によるもの、もうひとつが心因性のものです。過敏性の早漏は男性...

世界初の早漏治療薬であるプリリジー 2020年05月24日

プリリジーはダポキセチンを有効成分としており、世界初の服用タイプの早漏防止・治療薬です。脳に作用することによって、興奮を抑えて射精時間を約3~5倍に延長します。塗布タイプと異なり洗い流す必要性がなく、飲み続けることで身体の中からしっかりと改善していくといった効果があるのが特徴です。開発はベルギーに本...